東京で出会いを求めて婚活パーティーに参加して学んだ鉄板ルール

どーもFKです。皆様、出会ってますか?

今日は私が以前、参加した婚活パーティーのお話です。

どんな男性が参加しているのか、そしてどんな女性が参加していて、どんな雰囲気なのか、必勝法は?という流れで進めて行きたいと思います。

まず結論からですが、このサイト(EROTECH.TOKYO)をずっと見ていけば「余裕」でゲットできるようになります。

婚活パーティー概要

さて、私が参加したこのパーティーは2部構成になっていて、1部がセミナー・2部が実践でした。

今回紹介する婚活パーティー(セミナー付)は参加費用が1万5千円もしました笑。めちゃくちゃいい商売だなぁと思いつつ、勉強代のつもりで参加しました。

婚活パーティー

正直内容は本当につまらなくて、私にとっては1万5千円も払う価値が全くない内容でガッカリしたことを覚えております。

なぜなら私は婚活セミナーの内容よりも女性と出会って、モテる方法を知ってるからです…

婚活セミナーの内容は、題して「戦略的距離間の縮め方と人間関係形成のプロセス」

二部構成になっており、前半は「婚活パーティーの現状分析及びその対応策」、後半は「距離感は一連の行為によって必ず縮まる」でした。

セミナー講師(男性)は、某有名アパレル会社で接客業の道を進まれており、何度も表彰を受けたことがあるという40歳くらいのイケメンでした。

話があまり上手くないので、「この経歴本当かな??」と疑心暗鬼になっていましたが、確かにイケメンではあります。

彼は婚活パーティーに6回参加してイメージが変わったと言っておりましたが、途中で心が折れてしまう人が多すぎることが残念でならないという事実を目の当たりにしたため、このようなセミナー&パーティーを主催しているとのことでした。

※ ここからは、セミナー内容について記していきます。【】内は私の心の声です笑

セミナー前半:女性からの評価は相対的なものと心得る

相手の事情と背景を知る

婚活パーティーに来る女性はどういう人なのか。聞く所によると、パーティーの告知がくるLINEグループに属しており、その告知の中から女性が取捨選択して参加をするそうです。

つまり場慣れてしている人が多いとのこと。

【裏を返せばモテない人ばかり】

講師が言っていた女性参加者の傾向と、男性の振る舞い方を下記にまとめました。

婚活パーティー_女性

ライバルが多い

かなりの数の男性から言い寄られている傾向があり、10人くらいの男性がいる可能性があると仮定していいそうだ。そうなると、デートに行くのも困難という現状があるということを心得ておく必要があるとのこと。

モテてない女性も多い

女性たちの傾向は、好意の返報性利用するのが良いとのこと。つまり、好意を持って接すれば、自分の存在を認めてもらえることに繋がるので喜ぶのだとか。

ただし、たまに声をかけてもらうことが当然だと思っている人もいるし、肩書きで男性を選ぶ人もいるので注意が必要とのこと。

視野を広く持つ

外見に引っ張られるハロー効果。可愛い子に群がる傾向にあるのは避けて通れない。視野を広げて色んな人と接することが大事なんだとか。

自分の理想を求めている人が大半であるが故に、ちょっとでも自分の理想と違うと関係性を遮断してしまうと、理想に行くまでの負担が大きすぎる。

ここでマインドセットをして、結婚生活の前提は共同生活をしていくことだから、この人は自分の発言に対してちゃんと対応するかどうかを確認した方がよいとのこと。

外見は可愛いのに態度が悪い場合があるので、たくさんの人と話すことが重要なんだとか。第一印象がパッとしなくても、話してみると良い子がいるのでトライしよう!と。

【私はこの意見には反対で、興味のない人に時間かけるのはもったいないので損切りが重要】

継続することの重要性、折れない心をつくる

基本的には自分の思っている通りにならないと思うこと。ただし、自分はモテないといって行動しなくなるケースがよくあるので注意が必要。うまくいかなかった時を常に想定して、行動すること!

婚活パーティー_女性写真

「あれだけ仲良くしたのに連絡がなかったなぁ。」となって、心が折れる人が結構多いとのこと。

あとは「デートの約束をしても、普通にキャンセルされてしまった…」とか、「1回目のデートが終わって連絡がこなくなった…」等、これらを繰り返すと心が折れてくるとのこと。

【私から言わせれば男が全て悪いですねこの手のパターンは。】

従って、視点を変えるだけで大丈夫。彼女たちがする評価は、相対評価である。そもそも女性の行く行く詐欺などの傾向は、一貫性の法則で、何をやるにしても一貫性を貫こうとするが、それに背くことをしてくる。

感情によって動くことがある。一貫性がなく感情で動く。前提条件で曖昧だから、その結果、心が折れる必要は全くない。

これが理解できれば「次次次」というようになる。だからたくさんの人と話すことが重要。見た目に左右されずに、どんどん連絡先を聞いて話し込んでいってほしい。最後に話したのが3〜4人だったらもったいない。

【小難しい法則等の話をちょいちょい挟んでくるが、良く分からないし当たり前のことを言っているだけ】

感情と理性、それぞれの特性を理解する

そもそも女性の心理を理解することは無駄だと思っていたら、同じことを思っている人がいた。それがジャスティンビーバーだった。

【急にどうした?笑】

「What do you mean」というのは私たちの心理をよく表している。「どうゆうことなの?」「なんなの?」ということを言っている。女の子の考えていることは分からないと言っている。

婚活パーティーお酒

では、我々はどうすればいいか。考え方を変えて、自己本位というところから他者本位へ。

時間やお金を使って来てくれたという変換をすると、自分の欲が消えて相手を楽しませよう!という気持ちになる。

デートに誘う時も連絡先を教えてもらう時も「連絡先を教えてください」と言うのは自己本位だから、「もっと話を聞きたいので連絡先を教えてください」的な聞き方をすることが重要だとのこと。

女性は自分の存在を認めてもらいたいという生き物だから、相手のメリットとなり、このような聞き方は有効なんだとか。

連絡先を聞く手段というのは、「話を聞きたい」「今度みんなで3-4人くらいで飲みませんか?」等のアプローチ方法が有効で、彼女たちは出会いを求めているので、幅を広げる提案だとニーズに刺さるとのこと。

【なんやねんそれ。ジャスティン関係ないやん。】

セミナー後半:距離間は一連の行為によって必ず縮まる

前半は考え方。後半は具体的にどうやって話を拡げていくかというように、より実践的なことについて話が進む。

婚活パーティー_笑顔

特別な伝え方をする必要はない。大事なのは笑顔挨拶で突っ込んでいくと雑に扱えないように女性はなるとのこと。

人は何をするとどう反応するかという原理原則がある。

自分を褒めてくれる人は好意をもてる。接触頻度が高いと好意をもてる。このように分析した人がロバートチャルディー二という人らしい。

彼が提唱したのは、「人が好意を持つ要素は5つある」ということ。

【正直当たり前の話だが、言語化した彼が偉い人みたいになってますね】

外見的魅力

カッコいいということではなく、「ハキハキ」しているか、「背筋がピン」となっているか

類似性

地元が一緒等

賞賛

これは一気に距離が縮む。褒める。根拠がなくても良い。自分が良いと思えば口に出しちゃえばいい。

名前などを聞くのではなく、「その洋服いいですね!」というように褒めればいい。

ファッションや髪の毛、ネイル、まつげ、肌のつや等 認められたいという願望が根本的にあるので、「それいいですね」「かわいい」という曖昧な言葉は便利。使いやすいので使う。

「オシャレ」も一般的には曖昧な言葉なので便利なので使うのをススメル。

単純接触効果

会う回数が多い程、好意を抱く。遠距離恋愛は難しい。遠くに住んでいる彼よりも、近くで単純接触効果がある男に取られる傾向がある。

連合

ある場面において、楽しいことを提供して、そこに一緒にいる俺もセットだよという錯覚に陥る。吊り橋効果もこれ。

これらの相互作用が発生して好意が生まれる。常にこれを意識しながら好意を抱かせることが重要。

デールカーネギーの「人を動かす」

人の心を動かすには好意によって動く。自己の行動を変えることにより、他者の行動を変えることができる、という考えが柱のひとつになっている。年上や役職を与えると本当に偉そうになっていく。

年齢が上がると同時に謙虚になることで、人が動くようになる。勘違い野郎が世の中には多い。

同じ立場で物事を考えることで、人が動いてくれるようになる。自分が下になり、相手が上になることによって相手が動くようになる。

人に興味を持つと延々としゃべるようになる。相手の利益を考えることで売上にも繋がる。

好意の返報性も生まれる。好意に対しては好意で返そうと思う。これは強力。モノをあげると何かしなきゃいけないとなる等

※ちなみに悪意の返報性もある

マズローの欲求5段階説

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されており、低階層の欲求が満たされると、より高い次の階層の欲求を欲するとされる。

第3の欲求「社会的欲求」他者とのつながりを求め、第4の欲求「承認欲求」自分が価値ある存在だと認められ、尊敬されたい。

相手の承認欲求を満たすことが大事。好意を獲得する際に非常に重要で、褒めることが認めていることに繋がる。

一連の好意について

そんなこと知ってるよ!と言われますが、出来ていない人がほとんどとのこと!

【本当かなぁ…】

笑顔→挨拶→質問→賞賛→質問→共感、同意→笑顔が本当に重要

自分に質問をしていって自然な笑顔を作り出すことが重要。

「今日は楽しみじゃないか」「今日で彼女ができるんじゃないか」等を自分に問いかけて自然な笑いを生み出す。

質問:ここに迷わず来れましたか?ここ凄い景色ですね!で共感を得てから自己紹介に入ると距離間が縮まりやすい。

感情に共感するコミュニケーション

面白いことを話すことは一切不要。「それ分かる」等、同意をすることによって警戒心がなくなる。

自己主張を一旦置いておいて、相手の話を共有していく。話の展開については会話の中である一言を拾って、そこに5W1Hの質問をする。

「今日はルミネに行ってきたんだ」について相手の言葉のどこに感情があるのかな?と考えて欲しい。

聞くが7割、話すは3割

集中して聞く。まとめる。反応をしめす。うなづく等。気持ちと感情がどこにあるのかに焦点を当てて欲しい。

楽しかったという言葉を掘り下げて行ったり、すごいめんどくさかったという言葉なら店員の対応が悪かったというポイントを拾う。

よく試す場所がないと言われるが、日常生活でできる。服屋の店員に話しかけられる前に挨拶をするとか、スタバの店員に声をかけられたら、目を見て反応するとか、レストランのウエイトレスに対して声をかけたり「お金に余裕があるなら毎日来たいです」等 受付に挨拶、警備員に挨拶する。

掃除しているおばさんに挨拶をするというのが、この婚活の場で生きてくる。相手を主体に。

質問力を極める

相手の好意を把握するにも有効に使える。

質問の機能は思考が発生して答えを導こうとする。

今日のコーディネートのポイントはどこですか?という質問は考えて答えさせる。これを会話の中で盛り込ませる。

婚活パーティー_質問

例えば、連絡先を交換した時に「今日はありがとうございました。」相手から反応があって、「忙しくなければ〜」等だと背後には10人以上の相手に取られてしまう。

そこでこのときに是非つかってもらいたいのは「イタリアンと和食どっちが好きですか?」という二者択一にすれば、誰でも答えてくる。

「じゃあ、今週か来週はどっちがいいですか?」という質問で相手を追い込んで行く。「もしよければ」ではなく選ばせる。

街コンや婚活は効果的。前日くらいに返信がくる。日にちをこちらが区切っておくことによって、相手を動かす方法。

感想

以上、上記がセミナーの内容でしたが、嘘のような本当の話なのですが、ここに参加してた約20名の男性陣はこの内容を必死にメモをしていて本当に驚きました。

「どんだけ、お前らモテないんだよ!笑」と。

逆にこんな人材が世の中にたくさんいることに本当に驚愕しました。20代で3~4割は童貞とか統計で出ていたが嘘だと思ってましたが、ここにその対象者が見事に集まっていました笑

逆に言うと、これで来る女性陣が可愛かったら、「マジブルーオーシャンやん!」と内心ニコニコしながら、パーティー会場へFKは行きました。

The following two tabs change content below.
FK

FK

丸の内勤務のアラサーのサラリーマンです。現在は彼女が1人とセフレが6人いる、しがない中間管理職の人間です。 仕事は順調に進んでおり、優秀社員賞や社長賞的な賞を多数受賞しており、割と若いながらに出世コースを歩んでおります。 公私ともに順風満帆な私ですが、最近よく女性との“出会い”について聞かれることが増えてきました。「どうしたら可愛い子と知り合えるの?」「どういうふうにして、そんなにセフレを作れるの?」etc… そんな知識をここではお伝えしていこうかなと考えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする